開発ストーリー_試作から現場での実用化に至るまでの情報公開

  1. 軸受けを強化してBW○○○Cシリーズへとアップグレード

    バケット取付作業台のねじ部分にある軸受け部分6箇所をブ厚くして強化しました。もう2000台近く販売していますとたまにものすごく損傷されて修理依頼でお預かりすることもあるのですが、その際に一番損傷が激しいのがこの軸受け部分なのです。

    続きを読む
  2. 試作1号機は三回ものやり直しでやっと使えるものになる

    バッファローの第一号試作品は、お客様との打ち合わせをして製作して見せてはやり直し、を三回も繰り返して現場で使えるものへと致しました。依頼元のお客様が使用していたスライドハシゴは、この2-71GFと言う型式の絶縁仕様のグラスファイバー入りの樹脂フレームのモデルでした。

    続きを読む
  3. 譲り受けた自作品を見てほしいと言われて改善品を取り組むことになりました

    ある日、昔からのお客様より電話が掛かって来まして、相談がありました。今使っているメッセン用ドラムローラーが知り合いの同業者から譲り受けたものなのだが、自作品のようで構造が脆弱なところが見受けられる。

    続きを読む
  4. お客様に来た「バケット作業限定」FAX通知が開発の始まり

    バッファローが誕生するには、やはり過程と経緯がございました。その始まりは2008年末ごろまでさかのぼります。ある日、「バケットが入れないような現場状況であっても、クロージャーを開けて作業を依頼することになることを認識しておいてください。」元請け会社よりこんな内容のFAXの文面が来た。

    続きを読む
  5. フジクラ融着機12R付属作業台への改善品依頼があり取り組むことがスタートでした

    フジクラ融着機 12Rには標準構成品にてキャンリングケース CC-29というものがあります。さらにこの中にプラスチック製の首掛け作業台があることはユーザーであればご存知でしょう。

    続きを読む
  6. ケーブルドラムの回転を止めるドラムストッパーのブレーキシューを一種類にまとめました

    ケーブルドラムストッパーは、このたびアップグレードいたしました。金属ドラム向けの自転車前ブレーキを従来6個だったのを10個まで増量してブレーキシューとして密度を上げるようにしました。 これにより、金属ドラムも木製ドラムにも対応するようになりました。

    続きを読む
  7. バケット取付作業台 小型新サイズ320幅が誕生しました

    中型サイズ BW400よりも一回り小さい作業テーブルが欲しいとの要望をいただきまして、対応することとなったバケット取付作業台 小型サイズ BW320NTTフィールドテクノ様の主に東海地区の宅内工事班の現場担当者より、宅内メンテナンス班では融着機を使うことがほとんどないので、さほど大き...

    続きを読む
  8. バケットへの取り外しが少しでも早くなるように改善を実施

    いつも弊社製品バケット取付作業台のご利用ありがとうございます。今回は、バケットの取り外しが少しでも早くなるような改善をした話です。既に買い上げの製品に備わっている場合でも、改めて説明を聞いていただきたく思います。

    続きを読む
  9. 走行時の振動防止のマジックテープバンドが本体フレームのネジ穴損傷の問題を解消

    いつも弊社製品バケット取付作業台のご利用ありがとうございます。総アルミ製であるにもかかわらず、格安な商品として受け入れて頂き、発売から6年。総出荷台数は1500台を超えるまでになってきました。

    続きを読む
  10. 3回目で合格をいただけた試作1号機

    試作1号機を現場へお持ちしてバケットへの取付を試みるが、バケットへの取付部分が外へ出過ぎている形状で、走行中に何かに引っ掛けるかも知れず危険とのことでした。あと、ボルト式を辞めて欲しいとのことでした。

    続きを読む

工事作業にて、よくある相談についてごらん下さい

通信工事機器についての百科事典サイト

ページ上部へ戻る